好きなことが見つからない人の方がやばい時代なのかもしれない。

タカラジェンヌコーチの真央です

私はいつも

自分に魅力を知って

自分の価値観を明らかにして

自分が好きなことを見つけて

それを仕事に変えませんか?

人生一回限りだからこそ

自分はどんな人生を歩みたいのか?

妥協せずに本気で考えてみませんか?と

伝えています。

それはなぜかというと

同じ職業についている人でも

なんとなくやっている人

やらないといけないから

やらされてる感がある人もいれば

自分がこれをやりたいから

自分がこんな人生を歩みたいからと

今これをやっているんだと思っている人では

人生は全然違う!!

と思うからです。

何が違うのかというと

人生を楽しんでいる度合い

人生の満足度が違いますよね。

趣味と仕事は別物

好きなことは仕事にならない。

努力、忍耐、我慢

と私たちは世の中に教育されてきました。

大人になってから

夢があるんですというと

なに言ってんだこいつと

夢見る夢子のように

バカにする人が

まだまだ大半かもしれません。

現実はそんなに甘くないよ!

早く現実をみなさい!

という人の方が多いかもしれません。

現実は確かに甘くないかもしれないけど

そういう人を見ると

私は、物事の見方、物事の捉え方が

すごくすごく小さく

マイナス思考

なんだなとよく思います。

毎日それではしんどいだろうなと。

でも、世の中そんな人

ばかりではありませんね。

好きなことを仕事にしている人や

仕事を面白いと思っている人や

趣味の延長線上に仕事がある人

仕事にやりがいを持っている人も

好きなことで沢山稼いでいる人も

います。

仕事は自分自身であり

自分を表現する手段

そう思っている人たちも沢山います。

仕事をするのが

嫌いではないし

仕事と趣味をわけない

人たちです。

むしろ自分のすべて。

そういう人たちは

好きなことを仕事にしてるからこそ

嫌なことがあっても

前向きだったり

楽しいんでいたり

凹んでも前を向いて

自分を見直し

どんどん自分で行動して

どんどん人生を変えて

どんどん豊かになっていっているんです。

これは一部の特別な人の話ではなく

そういう人生を自ら選んで

いるからだと思います。

毎日うんざり

悩みや苦労とともにため息をつき

人の愚痴や批判や比較ばかり

もう大変で大変でと言ってるような

人生や仲間を選ぶのか?

毎日笑顔で

どんな時も楽しいことを見つけて

感謝することばかり

自分のやりたいことを現実にして

充実した人生や仲間を選ぶのも

自分次第。

人は

自分にできることがある

自分にやりたいことがある

自分に大好きなことがある

そんな

未来に希望があるからこそ

希望というものがあるからこそ

内側からエネルギーが湧いて

行動するものですよね。

最近は

日本に帰国するたびに

日本は経済格差社会なんだよーと

言われますが

日本は平和です。

外国に住んでいる

私から見ると

大した格差じゃないです。

日本人は

お金がないから

時間がないから

物価が高いから?

本当にそうなのでしょうか?

やろうと思えばできるはずなのに

やればできることなのに

あれもこれも諦めてしまうのは

自分自身の思考と心

なのではないでしょうか?

経済格差?

それよりも気になるのは

どんどん好きなことを仕事にしていく人

好きでもないことばかり仕事にしていく人

そんな心や思考の格差

なのではないかと私は思います。