47都道府県全国ツアー無期延長について

全国ツアー出発前夜

ストップ!

ハラの声。

私はその声を

無視しました。

りえ、47都道府県、私とまわるのやめるって

言おうとしてたでしょ?

一緒に全国ツアーに出るはずだった

類子からの言葉。

ここまでのストーリーはこちら

え?なんでわかったの?

なんとなくそんな気がした。

そっか

47都道府県ツアーに私の中で

ストップがかかったんだ。

私も驚いたんだよ

でもハラがそう言うの。

だから今日はそのことを類子に伝えにきたよ。

うん。

だから里恵がいつ私と回るのやめるって言い出してもよいように

その後も里恵が一人で回れるように

私は今できることをしておこうって思ってた。

全てのスケジュール管理をしていた類子はそう言った。

愛だね

それから

ツアーが始まった。

1県目千葉

2県目神奈川

3県目茨城

4県目東京

5県目北海道

6県目沖縄

わたしは沖縄で

予定を組み直す相談がしたいと

類子に相談を持ちかけた。

類子は

その相談は受けずに

私が一人でも全県回る!!!

と突然宣言した。

わたしは

一度も

このツアーを

やめると

言わなかった。

でも

その

私が一人で

日本中にスリランカプロジェクトのことをやっている

りえのことを

伝えに回る。

という類子の言葉を聴いた

その時に

全てに

感謝した。

すべてに

感謝の気持ちがわいてきた。

類子が47都道府県を回らないか

と言った時

そうしたら

このスリランカプロジェクトのことが

本当に日本中に届く

と思った。

類子は

47都道府県を

回るという夢を今まで3回見た。

でもまだ実現したことはなかった。

その類子の夢も

一緒に叶えることができると思った。

私は

子どもや家族と過ごす時間も

大切にしたかった。

でも

その全てを

類子は

私が一人で回りきるよ!!!!

その一言で

叶えてくれたんだ。

これ以上の道があっただろうか。

類子のその言葉に

天から光が差してくるのを感じた。

類子

神様

みんな

本当に本当に

ありがとう。

そして

私にとっては

レッスンだったんだよ。

みんなに迷惑をかけること。

みんなの信頼を失うんじゃないか

ということ。

こわかった。

みんな

ごめんなさい。

でも

私の中の真実は

いつも

私の中にしかなくて

今、

確かに

道の上にいると感じています。

この感覚で

生きて行ったらいいんだ。

わたしと会えるかもしれないと

楽しみにしてくださっていた方

ごめんなさい。

けれど

わたしは

ツアーをやめると

一言も言いませんでした。

今も

一言も言っていません。

これから一生かけて

スリランカのこと

その先にある世界中に

1000軒の

みんなが本来の自分に還る場所を創ることを

日本中

世界中に

伝えていく。

そして変化は続いていく

また楽しい流れになってきています。

各主催者さんへの連絡は

類子が自らしたいということで

その気持ちを尊重しましたが

これから私も

ひとりひとり話していきます。

これが

より絆を深める

きっかけになりますように

最善の形で

お会いできることを

楽しみにしています。

次なる変化についてはまた今度

スベテハミチビカレテイル。

スベテハウマクイッテイル。

ありがとう

萩原さん。類子。やぶちゃん。きむ。はやしさん。

みんな。

みんな。

次なる流れ