視覚障碍者向けスマフォ入力講習

お盆休みも最終日になりました。

お盆休みも良い思い出ができたので、また書いていきます。

さて本題です。

7月30日に、ライトハウスライブラリーで開催された情報機器講習会に、

サポートとして参加してきました。

午前中は、スマフォ文字入力道場ということで、

参加者全員で徹底的に文字入力を練習しました。

数字の5のところと、

削除ボタンのところに、

シールを張ったほうがわかりやすいという意見が多かったため、

画面にシールを張ることから始まりました。

キーボードが固定できない機種を持っている方は大変そうでした。

入力するときには、

一文字入力したら必ず数字の5のところに戻ってくると心がけて、

入力する練習をひたすら続けました。

今までスマフォを買っても文字入力につまずく方がたくさんいましたが、

これなら入力のハードルが下がると思いました。

午後は、受講者それぞれが別々のことに取り組むよろず相談会でした。

私はスマフォのメール送受信をしたいという方を担当しました。

画面を見ずにメールの送受信をする場合、

フリック(輪ゴムをはじくような動き)ができないと、

扱えないようなアプリの構造になっていました。

フリックと文字入力という基本の動きの大切さを思い知らされた1日でした。