8月20日就業規則も陳腐化する。就業規則のメンテナンスの重要性。

福岡久留米のぶっちゃけ社労士主に会社側の視点で、労使間の建設的な信頼関係構築を目指し、企業の継続繁栄のお手伝いをする、ぶっちゃけた相談ができる社労士こと採用と労務管理の町医者吉野正人です。

8月20日就業規則も陳腐化する。就業規則のメンテナンスの重要性。

8月20日日曜日。先日、ある顧問先社にて、就業規則の見直し打ち合わせを行いました。社の就業規則は、私が約6年前に作成しました。その後、細かい修正訂正を繰り返し現在に至っています。今回は、労働時間年次有給休暇賃金等多くの訂正見直しを行いました。

私自身、社労士として就業規則を多く作ってきましたが、つくづく就業規則を作ってオシマイでは無いと実感します。しかし残念ながら、多くの中小企業において、就業規則を作りっぱなしの会社が多いのも事実だったりします。時には、昭和時代に作成した手書きの就業規則が、全く修正見直しされずに存在している会社もあります。

労働基準法は時代の流れとともに大幅に改正され、労働契約法が出来たうえに改正されています。昔に比べて、育児介護休業法も大幅な改正があります。またマイナンバーに関する対応も、網羅する必要があります。労働トラブルの内容も、昔のような解雇未払い残業手当未払い賃金だけでなく、パワハラセクハラの問題も増えています。

就業規則は、法改正や労働トラブル労務管理の時代の流れに合わせて見直しが必要だと思います。ドラッガーの言葉に、全ての物は、陳腐化するがあります。まさに、どんなに立派な素晴らしい就業規則も作っても、時間と共に陳腐化するのも事実だと思います。

実際、私自身、顧問先の就業規則に関して、顧問先の状況要望に応じて就業規則の見直し打ち合わせを行い、訂正修正をしています。いわゆる就業規則のメンテナンスが必要だと私は思います。なお就業規則の変更は、常時10人以上の労働者がいる事業所は、労働者過半数代表者の意見書とともに労働基準監督署へ届け出が必要です。

就業規則は生き物です。そして就業規則は使わなければ意味がありません。一部の企業で、就業規則助成金目的だけと言う発想の経営者がいますが、私は違うと思います。継続的に就業規則を使い続けるためにも、就業規則のメンテナンスこまめな見直し訂正修正をお薦めします。

就業規則のメンテナンス見直し訂正修正については、私を含む社会保険労務士に相談して頂ければ幸いです。なお当事務所で作成した就業規則で、顧問先の会社については、追加料金無しでメンテナンス修正見直しいたします。注規程の追加全面見直しレベルの大幅見直しは別途料金を頂きます。

写真は今日の夕食で、冷やし中華豚肉の酢醤油煮小松菜の和え物等です。

以上、福岡久留米のぶっちゃけ社労士主に会社側の視点で、労使間の建設的な信頼関係構築を目指し、企業の継続繁栄のお手伝いをする、ぶっちゃけた相談ができる社労士こと採用労務管理労働トラブル対応の町医者吉野でした。

お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。福岡久留米採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者社会保険労務士吉野正人移動オフィス090-2852-9529すぐつながります。

メールアドレスgmailcom

ただし労働者側の相談も可能ですが、当事務所は会社側の相談が得意ですので、ご了承願います。なお労働者の相談は、下記リンクの社会保険労務士をオススメします。

社会保険労務士おくむらおふぃす

にほんブログ村

人事労務ブログランキング

社会保険労務士ブログランキング

福岡県ブログランキング